初めての Arduino


初心者向けに Arduino の4つの機能をまとめてみた。

機能
(1) デジタル出力
LED が点灯します。
参照 Blink
20140801_arduino_led

(2) PWM出力
LED の明るさが変わります。
参照 Fade
20140801_arduino_pwm

(3) デジタル入力
ボタンを押すと、シリアルモニタに状態を表示します。
参照 DigitalReadSerial
20140801_arduino_button20140801_arduino_serial_monitor

(4) アナログ入力
可変抵抗を回すと、グラフに表示します。
参考 Arduino + Graph on Processing ( USB Serial )
参照 AnalogReadSerial
20140801_arduino_potentiometer20140801_arduino_serial_analog

資料
2014年9月10日に 横須賀市産業振興財団 で行ったセミナーの資料です


Arduino + Graph on Processing ( USB Serial )


20140801_arduino_serial_analog

Arduino のアナログ入力の値を、Processing でグラフ表示します
Arduino と Processing との接続には、 USB Serial を使用します。

Arduino 側の設定
開く -> Basics -> AnalogReadSerial を選択する。
Arduino に書き込む。

Processing 側の設定
github からダウンロードします
Skeckbook location に配置します
Open -> arduino_serial_analog を選択する。

動作確認
Arduino のアナログ1番ピンに可変抵抗をつける。
Processing を Run すると、上記の画面が表示される。
可変抵抗を回すと、グラフが変化する。
20140801_arduino_potentiometer


Arduino + Graph on Processing ( Firmata )


20140801_arduino_firmata_analog

Arduino のアナログ入力の値を、Processing でグラフ表示します
Arduino と Processing との接続には、 Firmata を使用します。

Arduino 側の設定
Arduino + Firmata と同じです。

Processing 側の設定
github からダウンロードします
Skeckbook location に配置します
Open -> arduino_firmata_analog を選択する。

動作確認
Arduino のアナログ1番ピンに可変抵抗をつける。
Processing を Run すると、上記の画面が表示される。
可変抵抗を回すと、グラフが変化する。
20140801_arduino_potentiometer


Arduino + Processing 2


20140803_processing_arduino_devices

Processing は、電子アートのためのプログラミング言語と統合開発環境で、MITメディアラボで開発されたオープンソースです。
Processing と Arduino との接続には、 Firmata を使用します。

Arduino 側の設定
Arduino + Firmata と同じです。

Processing 側の設定
Sketch -> Import Library -> Add Library を選択すると、Library Manager が開く。
Arduino (Firmata) をインストールする。
File -> Example を選択すると Jave Example が開く。
Contributed Libraries -> Arduino (Firmata) -> arduino output を選択する。

動作確認
Arduino の13番ピンに LED をつける。
arduino output を Run すると、下記の画面が表示される。
画面のボタンをオン/オフすると、LEDが点灯/滅灯します。
20140803_processing_arduino_screen

参考
Arduino Processing 2 の Firmata が簡単になっていた