バス停の OSM へのインポート・データ作成


20150221_osm

2月21日に横浜大桟橋で開催された オープンデータディにて、バス停を OpenStreetMap にインポートするためのデータを作成しました。

バス停をOSMにインポートするための情報は、Import Bus stop from 国土数値情報 にあります。
バス停のデータは、国土交通省が 国土数値情報 として、公開しています。
インポート・データを作成するスクリプトは、SourceForge – convbusstop で公開されてます。

今回は、スクリプトを作成した林さんの指導で、インポート・データを作成してみました。
(1) バス停のデータをダウンロードします。
都道県別にあるので、今回は神奈川県を試します。
8466件ありました。

(2) スクリプトをダウンロードします。

(3) 実行
バス停のデータを、スクリプトと同じディレクトリを置きます。
下記を実行します。

./ConvBusstop.sh

あるいは、上記の shell の内容を直接実行します。

java -cp .:ConvBusstop.jar:hayashi_0225.jar:hsqldb_2.2.9.jar osm.jp.ConvBusstop -nocheck

実行すると、OSM形式のデータ busstop.osm が作成されます。

ここで、-nocheck は、全てのバス停データをOSM形式に変換するフラグです。
-check は、既にOSMに登録されているデータを除外するフラグです。
OSMのバス停と、国交省のバス停が、300m四方以内にあれば、同じバス停とみなします。
そのため、異なるバス停でも近くにある場合は、除外します。
また、同じバス停でも OSMと国交省で異なる場所にある場合は、重複します。

-check で作成した busstop.osm は3,810件でした。

(4) 生成されたインポート・データ
データをOSMに表示したもの。
地形や道路が浮かび上がって興味深い。
20150221_busstop

林さんは、さらに作業を進めて、下記にまとめています。
JA talk:Import Bus stop from 国土数値情報


OpenStreetMap を表示する – OSC Tokyo



 
2013年2月22日 明星大学で開催された OSC Tokyo に参加した。
ブースをざっと見て回って、顔見知りに挨拶する。

OpenStreetMap 利用アプリ開発入門 に参加した。

三浦さん @miurahr から、2つの解説が行われた。
(1) osm プラグインを使って WordPress でOSMを表示する方法
(2) OpenLayers モジュールを使って WordPress と Drupal でOSMを表示する方法について
解説資料はこちら

松澤さん @smellman から、2つの解説が行われた。
(1) Ruby on Rails + Leaflet.js を使って OSM を表示する方法
(2) osmdroid を使って Android 端末に OSM を表示する方法
解説資料はこちら

さっそく WordPress に OSM を表示してみました。(このページです)