ラズパイ ssh接続


20160410_ssh_connection_lan

SSH (Secure Shell) は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルです。
ラズパイでは、デフォルトで、sshサーバーが起動されています。

パソコンとラズパイは、ローカルネット内で有線LANかWiFiで接続します。

Windows 編
TeraTerm を使用します。

インストール
OSDN からダウンロードします。
ダウンロードした teraterm-4.90.exe をダブルクリックして、インストールします。
20160410_teramterm_install

Tera Term を起動します。
ホストに「raspberrypi.local」を入力して、「OK」をクリックします。
20160410_win_ssh_connection

ユーザ名「pi」とパスフレーズ「raspberry」を入力して、「OK」をクリックします。
20160410_win_ssh_password

ログインすると、下図のような表示が出ます。
20160410_win_ssh_login

MAC 編
標準の ssh コマンド で接続します。

$ ssh pi@raspberrypi.local

SSHキーのパスワードを要求されますが、「キャンセル」をクリックします。
20160410_mac_ssh_password

パスワードの要求をしてこないためには、オプションを指定します。

$ ssh pi@raspberrypi.local -o PreferredAuthentications=password

接続すると、ラズパイのパスワードを要求されます。デフォルトは「raspberry」です。

The authenticity of host 'raspberrypi.local (2408:211:4085:810:d3f8:bacf:d694:4cbf)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:nMAP+ZpXx/jIUEVgd9L0WN/X9O3Xb4gDMEnRJYbso+Q.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'raspberrypi.local,2408:211:4085:810:d3f8:bacf:d694:4cbf' (ECDSA) to the list of known hosts.
pi@raspberrypi.local's password: <==

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.
Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat Apr 23 01:05:53 2016 from 2408:211:4085:810:6a5b:35ff:fecc:a6da
pi@raspberrypi:~ $ 

参考
SSH USING WINDOWS
SSH USING LINUX OR MAC OS
Raspberry PiをWindowsで操作する(SSH)
MacからRaspberry Pi(ラズベリーパイ)にSSHでリモートログインする


MAC でラズパイのSDカードをコピーする (backup_sd.py)


その2の方法 を、Pyhton スクリプトにしたものです。
ソースは、Github で公開しました。

使い方

$ sudo python backup_sd.py

/sbin/mount
/dev/disk1 on / (hfs, local, journaled)
devfs on /dev (devfs, local, nobrowse)
map -hosts on /net (autofs, nosuid, automounted, nobrowse)
map auto_home on /home (autofs, automounted, nobrowse)
localhost:/Xa9LMh2Xt_bpOtMBC2lnuy on /Volumes/MobileBackups (mtmfs, nosuid, read-only, nobrowse)
/dev/disk2s1 on /Volumes/boot (msdos, local, nodev, nosuid, noowners)

Finded device /dev/disk2

/usr/sbin/fdisk /dev/disk2
Disk: /dev/disk2	geometry: 966/255/63 [15523840 sectors]
Signature: 0xAA55
         Starting       Ending
 #: id  cyl  hd sec -  cyl  hd sec [     start -       size]
------------------------------------------------------------------------
 1: 0C    0 130   3 -    8  40  32 [      8192 -     122880] Win95 FAT32L
 2: 83    0   0   1 -    0   0   1 [    131072 -   10485761] Linux files*
 3: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused      
 4: 00    0   0   0 -    0   0   0 [         0 -          0] unused      

Finded end sector: 10616833 = 131072 + 10485761

/bin/dd if=/dev/disk2 of=20160417222232.img bs=512 count=10616833
Please wait about 10 min
10616833+0 records in
10616833+0 records out
5435818496 bytes transferred in 423.659866 secs (12830619 bytes/sec)

年月日時分秒.img というファイルが出来ます。


MAC : TensorFlow (pip)


20160404_tensor_flow

TensorFlow は、Google が開発したオープンソースの機械学習のライブラリです。
MAC にインストールします。

必要な環境
Python 2.7 or Python 3.3+

$ python -V
Python 2.7.11

インストール
Download and Setup

TensorFlow をインストールするには、3つの方法があります。
(1) Pip
(2) Virtualenv
(3) Docker

今回は、pip でインストールします

 $ pip install --upgrade pip
$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/tensorflow-0.7.1-cp27-none-any.whl

確認

$ python -c 'import os; import inspect; import tensorflow; print(os.path.dirname(inspect.getfile(tensorflow)))'

/usr/local/lib/python2.7/site-packages/tensorflow

MAC El Capitan : Java


20160403_java_logo

MAC に Java を入れるには、一般的には、Oracle からパッケージをダウンロードします。
Oracle Java SE Downloads

Homebrew Cask でもインストールできるようです。

$ brew install Caskroom/cask/java

インストール後のバージョン確認

$ java -version
java version "1.8.0_77"

参考
How to Install Java in OS X El Capitan
Javaをインストールする(Mac OS X El Capitan)


MAC El Capitan : Python


20160402_python

TensorFlow を入れようとしてハマった。
pip パッケージのアップグレードでエラーになる

$ sudo pip install --upgrade setuptools
/tmp/pip-KGqcL5-uninstall/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/_markerlib/__init__.py'

root権限なのに、なぜに permit エラーに???
どうやら El Capitan から入ったセキュリティー機能 System Integrity Protection のせいらしい。
対策は、セキュリティーを外す方法もあるが、Python を Homebrew で入れ直すのが良いようだ。

(既存のファイルを削除する)
$ sudo rm -f -R /Library/Python/2.7/site-packages/*
$ sudo rm -f -R /usr/local/bin/pip*

(Pythonをインストールする)
$ brew install python
$ brew linkapps python

(pipを更新する)
$ pip install --upgrade pip
$ pip install --upgrade setuptools

MACを再起動して

(現在のバージョン)
$ python -V
Python 2.7.11
$ which python
/usr/local/bin/python

(既存のバージョン)
$ /usr/bin/python -V
Python 2.7.10

参考
How to use pip after the El Capitan Max OS X upgrade?
Mac OS X El CapitanにTensorFlowをpipで入れるときの落とし穴
OS X 10.11 El CapitanのSystem Integrity Protection(SIP)についてちょっと詳しく


MAC : GNU Octave


GNU Octave は、主に数値解析を目的とした高レベルプログラミング言語である。

インストール

$ brew tap homebrew/science
$ brew install octave

環境設定

$ echo export FONTCONFIG_PATH=/opt/X11/lib/X11/fontconfig >> .bash_profile

確認
バージョン

$ octave --version
GNU Octave, version 4.0.0

ヒストグラムをプロットする

$ octave
octave:1> w = 10 + sqrt(10)*(randn(1,10000));
octave:2> hist(w)
octave:3> exit

20160327_octave

参考
OctaveをMac OS X Yosemiteへインストール
MacでOctaveを使いたい!
Octave for MacOS X


MAC : transfig fig2dev


transfig は、LaTeX の図のための make ファイルを作成するコマンド
fig2dev は、図のコードを様々なグラフィックス言語に変換するコマンドで、transfig に含まれる

インストール

$ brew tap mistydemeo/homebrew-xfig
$ brew install homebrew/x11/imake

transfig の make ファイルを変更する

$ brew edit transfig

inreplace に下記を追加する

inreplace "fig2dev/dev/genibmgl.c", "static set_width(w)", "static void set_width(w)"

transfig のインストール

$ brew install transfig

参考
GNU Octaveのインストール
Fig2dev not installed as part of transfig


MAC : gnuplot


gnuplot は、2次元もしくは3次元のグラフを作成するためのオープンソースのアプリケーションソフトウェアである。

表示ウィンドウとして、下記のいづれかが必要です。
AquaTerm (推奨)
XQuartz X11サーバー

インストール

(いったん削除する)
$ brew uninstall gnuplot
(AquaTerm と X11 を指定してインストールする)
$ brew install gnuplot --with-aquaterm --with-x11

確認
バージョン

$ gnuplot --version
gnuplot 5.0 patchlevel 3

サインカーブのプロット

$ gnuplot
gnuplot> set terminal aqua
gnuplot> plot sin(x)
gnuplot> quit

下図が表示される
20160324_gnuplot

参考
gnuplot を Homebrew からインストールするときの手順


MAC : AquaTerm


20160323_aqua_term

AquaTerm は、Mac OS X の Aqua ウィンドウ環境にベクトルグラフィックスを表示するフロントエンドアプリケーションです。

インストール
SourceForge – AquaTerm からダウンロードする

参考
wikipedia – Aqua (コンピュータ)
Aquaとは、アップルが Mac OS X で採用した一連のGUIのデザインの名称である。