2015年10月 日本Androidの会 定例会


20151019_jag_meeting

2015年10月19日に KDDI飯田橋駅前ビル で開催された 日本Androidの会の定例会 に参加しました。
今回のテーマは Android 6.0 Marshmallow です。

YouTube 日本Androidの会 2015年10月 定例会
Twitter #jag201510

■ Android 6.0 Marshmallow への流れ
日本Androidの会 理事長 / 嶋是一
20151019_jag_shima

Android 1.5 Donuts から始まる Android OS の歴史を簡単に振り返りました。
Android OS のニックネームは お菓子の名前 がアルファベット順についています。
Android 6.0 の新規機能として、嶋さんが期待しているのは USB-MIDI がサポートされたことです

そういえば、私が、昨年1月に USB-MIDIネタ で講演をしたことがありました。
今回のサポート範囲は、USB 回りだけで、Standard MIDI File の再生が含まれていなかったのは、残念です。

■ アンドロイドの指紋認証機能で出来ること
リスクファインダー / 谷口岳
20151019_jag_taniguchi

Android 6.0 ではセキュリティ回りが強化されました。
そのひとつに 指紋認証 があります。
2003年には、指紋認証付きのガラケーが発売されてます。
2012年には、メーカーの独自仕様により指紋認証付きのAndroid携帯が発売されています。
今回のOS標準搭載は、少し遅い感じはありますが。
今後は、SDK が提供されたことで、アプリの開発が期待できます。

発表資料: Android 6.0 指紋認証でできる事

■ AndroidM の新機能と ART(AndroidRunTime) 世代の下回りの構造について
芳和システムデザイン / 鈴木直康
20151019_jag_suzuki 20151019_jag_eddystone

冒頭で、資料の URL を Eddystone で配信するという小技を披露していました。
今回はメジャーバージョンアップですが、カーネル回りや UI 回りには大きな変更はない。
セキュリティ回りが強化されたほか、WiFi 5GHz、Bluetooth タッチペン、USB-TypeC、USB-MIDI など、ちょっとした機能が追加されました。
マルチウインドウは、正式なリリースには含まれなかったが、開発者向けオプションに入っています。
Android 5.0 Lollipop から、JAVA-VM が Dalvik から ART に変更になりました。
Dalvik では、インストール時に中間コードからネイティブにコンパイルされていた。
ART では、APK ファイルの中にネイティブにコンパイルされた ELF ファイルが含まれていて、これを実行します。
ION というメモリ管理を採用したことで、メモリコピーをせずに、ユーザ空間からカーネル空間にアクセスできるようになりました。

発表資料: Android-M

■ RoBoHoN爆誕!の舞台裏について
シャープ / 景井美帆
20151019_jag_robohon_person

CEATEC JAPAN 2015 に出展されて話題になったロボット型携帯電話 RoBoHoN についての講演です。
RoBoHoN は 20cm という大きさに、13個のサーボが搭載されています。
このために、小型軽量で長寿命のサーボを開発したそうです。
2足歩行に加えて、倒れた状態から自律で起き上がる事が出来ます。
OS は Android ではなく独自です。
40台ほど試作して、状態のよい10台ほどを、CEATEC で展示しました。
運搬のためのケースがなかったので、近所の100円ショップで、タッパーを買い占めたそうです。w
この日のデモには、大勢の人が群がる大人気でした。

RoBoHoN(ロボホン)コンセプトムービー

20151019_jag_robohon_body20151019_jag_robohon_projector


Android 6.0 Marshmallow の USB 接続


Android 6.0 Marshmallow から USB 接続の仕様が変わりました。
USB を差しただけだと、Android File Transfer が繋がらないので、ご注意ください。

Android 6.0 の変更点として、下記の事項が掲載されています。
デフォルトでは充電モードなので、コンテンツにアクセスするときは、許可を与えてね。とありますが。
これだけだと具体的な操作が分からないですね。

USB Connection
Device connections through the USB port are now set to charge-only mode by default. To access the device and its content over a USB connection, users must explicitly grant permission for such interactions. If your app supports user interactions with the device over a USB port, take into consideration that the interaction must be explicitly enabled.

USBを接続すると、ステータスバーにアイコンが表示されます。
ステータスバーを下にドラッグすると、通知が表示されます。
「USBを充電に使用」にタッチすると、「USBの使用」が表示されます。
「ファイルの転送」を選択します。
20151018_android6_usb_top20151018_android6_usb_notification20151018_android6_usb_select

PC画面の「Can’t access device storage」の「OK」をクリックすると、Android のファイルが表示されるようになります。
20151018_android_file_transfer_cant 20151018_android_file_transfer_list

開発者向けオプションにも、「USB設定の選択」がありますが。
ここは効きません。
20151018_android6_usb_developper