Making Living Sharing – FAB9


FAB9 シンポジウム で上映された Making Living Sharing が google drive でネット公開されています。
ノルウエーのイエンスさんが、世界中の FabLab を回って、様々な場所で自分で制作をしている過程を、自ら映像化しました。
ひとつのアイデアや、ひとつの作品が、世界中の様々な場所で、いろいろなバリエーションに変化していきます。
言葉ではうまく表現できないほど、感動的です。

ダウンロードされる方へ
(1) Making Living Sharing – google drive からダウンロードする

(2) ファイルは2つあります。
– 動画 Making Living Sharing – CC A-SA – by Jens Dyvik.mov
– 字幕 Subtitles Making Living Sharing v1.0 – English and Japanese.srt

(3) 再生するには VLC media player を使ってください

(4) 字幕の再生
動画ファイルと字幕ファイルが 同じディレクトリにあるときは、自動的に再生されます。
うまくいかないときは、「ビデオ -> 字幕トラック -> ファイルを開く」 から字幕ファイルを選択してください。

YouTube Preview Image

FAB9 7日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

今日 8月27日 が最終日です。
世界ファブラボ代表者会議 では、会議毎に毎回 制作するもののテーマが決まっています。
今回は、廃棄材を利用したリサイクル楽器作りです。

16時より、制作したリサイクル楽器による演奏会が行われました。
各自の独奏ではなく、参加者同士で新たなチームを作って合奏します。
どのチームも個性豊かで素晴らしかったです。
ペルーからの参加者を中心としたチームは、会場の見学者にもペルーの笛を配って、一緒になって演奏しました。
会場中がピーピー鳴り響いて、異様な盛り上がり方でした。

終了後は、名残り惜しさもあり、10人くらいのグループに分かれて、居酒屋にいったり、カラオケに行ったりしました。

怒濤のような1週間でしたが、ひと夏の良い思い出になりました。


FAB9 6日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

今日は、一般公開日です。
北仲ブリックスに、FabLab 機材が設置され、工作室として機能しています。
ここで、FAB9 の参加者は様々なものを制作しています。
機材や制作している様子を見学することが出来ました。

午後は、KAAT 神奈川芸術劇場で、国際シンポジウム を開催しました。
FAB9 主催者の田中先生から、FAB9 ではどういうことが行われたが紹介されました。
日本でこういうイベントが開催できたのは素晴らしいことですと、興奮気味に語っていたのが、印象的でした。
世界中で FabLab を運営している方々から、FabLab とはどういう活動をしているのかを、直接 紹介して頂きました。
FabLab は多くの分野をカバーしていて、そんなこともやっているのかと、初めて知ることもありました。
最後に、ドキュメント映画の上映です。
ノルウエーのイエンスさんが、世界中の FabLab を回って、様々な場所で自分で制作をしている過程を、自ら映像化しました。
ひとつのアイデアや、ひとつの作品が、世界中の様々な場所で、いろいろなバリエーションに変化していきます。
言葉ではうまく表現できないほど、感動的でした。

夜は、FabLab Kannai Opening Party を開催しました。
FabLab 創設者のニール・ガーシェンフェルド教授より、お祝いのスピーチを頂き、正式に FabLab Kannai がオープンしました。
世界中の FabLab 関係者にも祝って頂きました。

お祝いのスピーチは、FaceBook でご覧になれます。


FAB9 5日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

午前は、世界中のファブラボの活動報告と、今後のファブラボの活動についてのディスカッションです。

午後は、ワークショップと、各自が好きなものを制作するオープンラボです。

夕方は、夕食会です。
レシピと材料を渡されて、各自で料理をします。
メニューは日替わりで、今日は、カレーでした。
最初は、カレー&ライスでしたが、すぐにご飯が無くなり、カレー&うどん や カレー&パスタも登場しました。

夜に、FabLab Kannai Opening Party の打合せをしました。
タイムスケジュールや、ゲストの挨拶や、FabLab Kannai 展示品の確認を行いました。
FabLab Kannai として、3Dプリンタやレーザーカッターなどの機材や、それらで制作
した作品などを展示する予定です。


FAB9 4日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

午前は、世界中のファブラボの活動報告と、今後のファブラボの活動についてのディスカッションです。

午後は、ワークショップと、各自が好きなものを制作するオープンラボです。

夕方は、夕食会です。
レシピと材料を渡されて、各自で料理をします。
メニューは日替わりで、今日は、手打ちうどんでした。

夜に、FabLab Kannai Night Party を開催しました。
日本の物作り系クリエーターに作品を展示してもらい、FAB9 参加者との交流を持とうと、企画したものです。
Night Party と夕食会場を自由に行き来してもらい、ゆるやかな交流を持つイメージだったのですが。
夕食会場がディスコ会場に変貌してしまい、全く雰囲気の異なる2つ場所が隣合わせなるという、かなりカオスな状況になってしまいました。
それでも、日本のクリエーター10名ほどと、FAB9 参加者20名ほどが、展示品を囲んで語り合うことができました。


FAB9 3日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

午前は、世界中のファブラボの活動報告と、今後のファブラボの活動についてのディスカッションです。

午後は、ワークショップと、各自が好きなものを制作するオープンラボです。

夕方は、夕食会です。
レシピと材料を渡されて、各自で料理をします。
メニューは日替わりで、今日は、天板焼きでした。

夜に、Smart Citizen の勉強会 を開催しました。
ファブラボ・バルセロナのディアズ氏から、ヨーロッパでの活動を紹介して頂きました。
横浜市とバルセロナ市は、Smart City 計画の姉妹都市になっています。
横浜市役所の方にも参加して頂き、少し突っ込んだ議論が出来ました。


FAB9 2日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。

午前は、世界中のファブラボの活動報告と、今後のファブラボの活動についてのディスカッションです。

午後は、ワークショップと、各自が好きなものを制作するオープンラボです。

夕方は、夕食会です。
レシピと材料を渡されて、各自で料理をします。
メニューは日替わりで、今日は、お好み焼きでした。

夜に、FabLab Kannai の今後の活動について、ディスカッションしました。
8月26日に FabLab Kannai が正式にオープンします。


FAB9 1日目


8月21日から、横浜・関内エリアで、 FAB9 第9回 世界ファブラボ代表者会議 が開催されています。
今回は、40カ国から200名が参加しています。
8月26日は、一般からも参加できる 国際シンポジウム が開催されます。

FAB9 の主な内容は。
午前は、世界中のファブラボの活動報告と、今後のファブラボの活動についてのディスカッションです。

午後は、ワークショップと、各自が好きなものを制作するオープンラボです。
代表者会議毎にオープンラボのテーマが決まっており、今回は廃材を利用した自作楽器の制作です。
最終日の8月27日には、制作した自作楽器による演奏会が行われます。

夕方は、夕食会です。
レシピと材料を渡されて、各自で料理をします。
メニューは日替わりです。
初日の今日は、巻き寿司でした。

バータイムもあります。
夜な夜な集まって懇親を深めています。


FAB9 0日目


20130820fab9_press

明日 8月21日から FAB9 世界ファブラボ代表者会議 が開催されます。
開催に先立ち、FabLabの創設者 ニール・ガーシェンフェルド教授の記者会見が行われました。

夜はレセプション・パーティーが行われました。
慶応大学 SFC の国領先生や、横浜市副市長の鈴木氏による挨拶のあと、
FabLab Japan の代表者 田中先生によるジャズ演奏などが行われました。
20130820fab9_sake20130820fab9_jazz

参考
ものづくりの革新 ファブラボ世界会議開催へ – NHK
夏のモノづくり合宿「FAB9」に込められた思いとは


ニコニコ学会β 夏の自由研究


20130818nikoniko_place

2013年8月18日(日) に さくらWORKS で開催された ニコニコ学会β 夏の自由研究 に出展しました。

今回は FabLab Kannai with Yokorobo として、
3Dプリンタやレーザーカッターで制作した作品を展示しました。
これらは、小さくて、少し地味なので。
大きなものとして、自動変速自転車 を展示しました。
20130818nikoniko_fablab_kannai20130818nikoniko_bicycle

プレゼンタイムに FabLab Kannai の紹介をしました。
会場からや、インタネット経由で、質問があり、関心を持って頂けたようです。
展示していた FabLab の本も売れました。

全般に、3Dプリンタで制作した作品は、数多く展示されていて、もう普通になった感じです。
3Dプリンタ本体も3機種 展示されていました。
Fablab Kannai の Cube
チームラボの Replicator 1
石仮面の Replicator 2
20130818nikoniko_cube20130818nikoniko_replicator_120130818nikoniko_replicator_2

そんな中で一目を引いたのは、土鍋炊飯bot です。
土鍋の自動炊飯器で、ご飯の炊き方を記録する「ライス」ログ機能がついています。
実際にご飯を炊いて、参加者に振る舞っていました。
20130818nikoniko_donabe

人気が高かったのは、ジョジョに出てくる 石仮面 です。
粘土から型を手作りして、シリコンで実物を制作しています。
さらに、それを3Dスキャンして、3Dプリントして、色々な大きさの複製を作っています。
さらに、人体実験と称して、参加者に装着してもらい、あのポーズを取ってもらっていました。
20130818nikoniko_ishikamen_product20130818nikoniko_ishikamen_pause

可動部分があるロボットは少なかったです。
ゆきりん が良かったです。
顔は固定のお面ですが、目と首が動きます。
キネクトで人の動きを感知して、常に人の方を向くようになっています。
これだけの仕組みで、人間が見つめているような、表情を感じます。
20130818nikoniko_yukirin

その他の展示も、いろいろ創意工夫があり、面白かったです。
月面探索ローバー、成層圏気球追跡システム、Personal Cosmos
20130818nikoniko_rover20130818nikoniko_balloon20130818nikoniko_cosmos

ポリッドスクリーン、れすぽん、ミンティア・ディスプレイ
20130818nikoniko_screen20130818nikoniko_respon20130818nikoniko_mintia