gettext


WordPress の言語ファイルは gettext 形式です。
テキストファイル po を作ったあと、バイナリファイル mo に変換する必要があります。
そのため gettext を MacPorts でインストールしました。
あとは下記のコマンドでOK

msgfmt -o ja.mo ja.po

参考
Gettext – wikipedia
Mac OSXでpoからmo変換の国際化環境を構築する


port selfupdate が失敗する


久しぶりに MacPorts を使おうとしたら、古すぎると怒られた。

port selfupdate したら、エラー終了した。

Error: /opt/local/bin/port: port selfupdate failed: 
Error installing new MacPorts base: 
shell command failed (see log for details)

ネットで調べてみると、XCode のアップデートが必要なようです。
ファイル容量が 4GB もあるので、これを始めると何もできない。
気長に待つ。

Command Line Tools のインストールも必要です。
以前は、Xcode と一緒にインストールされた気がするが。
今回は手作業で追加しました。

20130225xcode

port のアップデートも結構時間がかかりました。

port selfupdate
port upgrade outdated

参考
macportsが動かないのです


International Open Data Day


20130223_opendataday_group_photo

2013年2月23日、今日は International Open Data Day です。
全世界では60都市以上、日本では 東京、横浜、千葉、名古屋、福岡、青森、鯖江、会津若松で開催されました。

私は地元横浜に参加しました。
横浜は、3つのイベントが同時進行しました。
(1) 横浜街歩きアプリ体験ツアー
(2) オープンデータ ハッカソン
(3) WikiPedia に横浜の施設を登録する

総勢で100名以上が参加して、大盛況でした。

参考
International Open Data Day in Japan – OKFN

オープンデータで観光楽しむ – NHK
20130223_opendataday_nhk

世界100都市以上でオープンデータの地域活用イベント開催、国内は横浜など8都市 – ITpro
私もハッカソン中のところの写真に写っています。
20130223_opendataday_itpro

活用へ向け立場超え協働 国際オープンデータデイ、8都市で – 日経 オープンデータ情報ポータル
ここでも写っています。

2.23インターナショナル・オープンデータ・デー in YOKOHAMA 参加レポート – LOD チャレンジ 2012


OpenStreetMap を表示する – OSC Tokyo



 
2013年2月22日 明星大学で開催された OSC Tokyo に参加した。
ブースをざっと見て回って、顔見知りに挨拶する。

OpenStreetMap 利用アプリ開発入門 に参加した。

三浦さん @miurahr から、2つの解説が行われた。
(1) osm プラグインを使って WordPress でOSMを表示する方法
(2) OpenLayers モジュールを使って WordPress と Drupal でOSMを表示する方法について
解説資料はこちら

松澤さん @smellman から、2つの解説が行われた。
(1) Ruby on Rails + Leaflet.js を使って OSM を表示する方法
(2) osmdroid を使って Android 端末に OSM を表示する方法
解説資料はこちら

さっそく WordPress に OSM を表示してみました。(このページです)


DatePicker の文字を大きくする


20130219DatePickerSample2

DatePicker 移植版 にて、下記の変更を追加した。
(1) 文字を大きくする。
(2) 文字欄の幅も大きくする。
(3) 「月」の表示を「1月」「2月」から「01」「02」に変更する。

使い方

<xxx.MyDatePicker
	xmlns:custom="http://schemas.android.com/apk/res/xxx"
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content" 
 	custom:datepicker_monthTwoDigit="true"
	custom:datepicker_textSize="48sp"       
	custom:datepicker_yearWidth="140dp"
	custom:datepicker_monthWidth="120dp"        
	custom:datepicker_dayWidth="120dp" />

ソースコードは Google code に置いています。

関連
TimePicker の移植
TimePicker の文字を大きくする
DatePicker の移植
・DatePicker の文字を大きくする


DatePicker の移植


20130218DatePickerSample1

donut(v1.6) の android/widget/DatePicker を移植した。
そのままコピーして、ユーザアプリとしてコンパイルを通るように、若干修正したものです。移植した NumberPicker を使っています。

ソースコードは Google code に置いています。

関連
TimePicker の移植
TimePicker の文字を大きくする
・DatePicker の移植
DatePicker の文字を大きくする


Nexus 4 の解体写真


20130213_nexus_4_teardown

Nexus 4 の解体写真が公開されています。
Cracking Open the Google Nexus 4

分解して観察できたこと

分解が容易
はっきり目に見えるネジ(Torx T5)をはずせば、後部カバーは簡単に取りはずし出来ます。
内部のネジはフィリップス#00ビットではずすことが出来ます。
電池を固定するために、大量の接着剤が使われているのが、唯一の不満です。

交換可能な電池
糊付けされていますが、3.8V 2,100mAh リチウムイオン電池は交換が可能です。

すっきりした内部レイアウト
内部部品を電話の内部にホックを固定する素直な設計です。
ヘッドホン端子、正面のセンサー部とカメラ、USB小型基板のような多くの内部部品が、個別のコンポーネントに分かれており、個々に交換することができます。

前面パネルやディスプレイの内部構造
かつて私は、正面のガラスにLCDパネルを溶着したことで、メーカーを非難しました。
1つの部品が壊れた場合、両方を交換しなければなりません。
しかし、2つの部品の隙間から小さなほこりを取り除くのに多くの時間を費やしてから、私は考えを改めてました。

隠されたLTEハードウェア
高額の通信機器にもかかわらず、Nexus 4 には不足している機能があります。
それは、LTEのサポートです。
昨年の10月に、スコット・ウェブスター(Scott Webster) は、CNETに Nexus 4 にはLTEのサポートが不足していると書きました。
同様に、リン・ラ(Lynn La) は、LTEをサポートしていない通信機器を批評しました。
しかし、電話のモデムをより詳細に調べることで、少なくとも何人か持っている Nexus 4 では、そうではないことを明らかにします。
クアルコムのウェブサイトによれば、Nexus 4 のMDM9215MモデムはLTEをサポートしています。
AnandTech は、Nexus 4 がバンド4(1700/2100MHz)上のLTEをサポートすることを知りました。
主にカナダですが、バンド 4 LTEに接続したという報告があります
しかしながら、あなたのいる場所で動作する保証はありません。
したがって、この機種でも、LTEをサポートしていません。


TimePicker の文字を大きくする


20130212TimePickerSample2

TimePicker 移植版 にて、下記の変更を追加した。
(1) 「秒」を追加した。
(2) 文字を大きくする。
(3) 文字欄の幅も大きくする。
(4) XML から setIs24HourView を設定する。

使い方

<xxx.MyTimePicker
	xmlns:custom="http://schemas.android.com/apk/res/xxx"
	android:layout_width="wrap_content"
	android:layout_height="wrap_content"
	custom:timepicker_textSize="60px"
    custom:timepicker_numberWidth="150px"
    custom:timepicker_visibilitySecond="true"   
    custom:timepicker_is24Hour="true" />

ソースコードは Google code に置いています。

関連
TimePicker の移植
・TimePicker の文字を大きくする
DatePicker の移植
DatePicker の文字を大きくする


TimePicker の移植


20130211TimePickerSample1

donut(v1.6) の android/widget/TimePicker を移植した。
そのままコピーして、ユーザアプリとしてコンパイルを通るように、若干修正したものです。移植した NumberPicker を使っています。

ソースコードは Google code に置いています。

関連
・TimePicker の移植
TimePicker の文字を大きくする
DatePicker の移植
DatePicker の文字を大きくする


Andorid 3.0 以降の NumberPicker


20130204numberpicker 20130207numberpicker_api11 20130207numberpicker_api16
左から Andorid 1.6 / 3.0 / 4.1

Andorid 3.0 (API 11) から NumberPicker がサポートされた。

レイアウトが Andorid 1.6 と 3.0 と 4.1 とで大きく変わっています。
Andorid 3.0 で 上下に Wheel という数字が表示されるようになった。
そのため、Andorid 1.6 と比べて、上下に長くなった。
Andorid 4.1 で 上下のボタンが非表示になった。
そのため、Andorid 3.0 と比べて、すっきりした感じになった。

ソースを見てみると、Andorid 1.6 と比べて、大幅に増えています。
その内訳は Wheel に関するもののようです。
Andorid 1.6 : 410行
Andorid 3.x : ソースが公開されていない
Andorid 4.0 : 1820行
Andorid 4.1 : 2470行

関連
NumberPicker の移植
NumberPicker の文字を大きくする
・Andorid 3.0 以降の NumberPicker
9patchの怪