ラズパイ Rainbow HAT


20170812raspi_hat

秋月で ラズパイ HAT が販売されていたので、3種類ほど買ってみました。
Rainbow HAT + Pibow Coupe Android Things

そのうちの1つ RainbowHAT について記述します。
20170701_rainbow_hat

RainbowHATの概要
14セグやフルカラーLEDが搭載されたラズパイの拡張ボードです。

国内の販売元
秋月の他に、
スイッチサイエンスアマゾン で販売しています。

設計 製造元 
PIMORONI Ltd 
英国でラズパイを販売している電子部品の代理店のようです。

主なハード諸元
回路図や実装図は公開されていませんが、githubに若干記述がありました。

(1) 14セグメントLED with HT16K33:x4
搭載位置は中央
GPIO接続は、I2C

(2) フルカラーLED APA102:x7
搭載位置は14セグメントLEDの上
GPIO接続は下記
Clock | BCM#11
Data | BCM#10
Chip-Sel | BCM#8

(3) タッチセンサー AT42QT1070 x3
搭載位置は14セグメントLEDの下で、ABCと表記されている
GPIO接続は下記
A | BCM#21
B | BCM#20
C | BCM#16

(4) 単色LED(赤Red、緑Green、青Blue) x各1
搭載位置はタッチセンサーABCの上にRGB
GPIO接続は下記
Red | BCM#6
Green | BCM#19
Blue | BCM#26

(5) 温度気圧センサ BMP280 x1
GPIO接続は、I2C
注意:搭載位置がCPUチップに近いために温度は高めの値が取得されるようです。

(6) 圧電ブザー:x1
GPIO接続は下記
BCM#13 / PWM1

サンプルコード
下記のサンプルコードが用意されています。
どういう動作をするのか説明がなかったので追記しておきます。

(1) demo.py
ビープ音を鳴らし、
14セグに”WJDK”を表示する。
ボタンAに触れると、14セグに”AHOY”を表示し、
赤LEDを点灯する。
ボタンBに触れると、14セグに”YARR”を表示し、
緑LEDを点灯する。
ボタンCに触れると、14セグに”GROG”を表示し、
青LEDを点灯する。

(2) temperature.py
14セグに温度を表示する。
ボタンAに触れると、終了する。

(3) pressure.py
14セグに気圧を表示する。
ボタンAに触れると、終了する。

(4) lamp-rgb.py
カラーLEDの3色RGBを制御する
ボタンAをタップすると、3色のいずれを選ぶ
ボタンBをタップすると、選ばれた色が明るくなる。
ボタンCをタップすると、選ばれた色が暗くなる。
します。

(5) rainbow.py
カラーLEDを左から右に点灯する
色の指定は、HSV色空間のH色相(Hue)で行っている。
虹のように連続的に色を変化させる意図だろうが、
実際は白色に近い。
britnessが0.1なので、明るすぎるのかも。

(6) touch.py
ボタンABCに触れると、下記のようにカラーLEDの色を変える。
指を離すと、無色になる。
A:赤RED
B:緑GREEN
C:青BLUE

Android Things 対応
HATに拡張できるようにI2C、SPI、UARTなど端子がある。
なお、Android Things のサンプルコードは用意されていない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です