GPS・QZSS ロボットカーコンテスト 2016


10月23日に 東京海洋大学 で開催された GPS・QZSS ロボットカーコンテスト 2016 を見学しました。

会場は、明治丸の隣の芝のあるグランドです。
会場に着くと 明治丸 がお出迎えしてくれます。
20161022_gis_photo1 20161023_gps_meijimaru

コンテストの内容は、GPS測位による自動運転です。
競技は2種類あり、ダブルパイロンレースと アプリコンテストです。

ダブルパイロンレース
2箇所に置かれたパイロン(位置座標)を8の字に回ります。
14チームが参加しました。
結果は、大きく2つの傾向に分かれました。
なんとか1周できるか・できないかと、何周も安定して周回できるです。
GPS測位はもっと簡単なのかと思いしたが、自分とパイロンの相対位置をうまく判定できない感じです。
GPS測位だけだと点の情報なので、車体がどっち向きになっているかで、操縦の仕方が変わります。
その辺を、コンパスやジャイロを組合せて判定するのですが、これが難しいみたいでした。
20161023_gps_car_1 20161023_gps_car_2 20161023_gps_car_3
20161023_gps_car_4 20161023_gps_car_5

多くの機種は、コントローラとしてマイコンに自作のプログラムを搭載したものを使用していましたが、1つだけドローン用のコントローラ APM 2.6 を使用したものがありました。
これは、コントローラ自身に位置を覚える機能があり、位置を何点か指定すると、自動で周回するそうです。
20161023_gps_aps_1

アプリコンテスト
今回初めての企画です。
車体は、主催者側が用意したものを使います。
参加者は、車体をBluetooth経由で制御するアンドロイド・スマホのアプリを作成します。
7x7のマス目(位置座標)が用意され、当日指定された場所を巡回します。
参加は2チームでした。
結果は、散々なものでした。
1チームは車体が全く動かず、1チームは走り回るだけで目標には到達できなかった。
その理由は、通信の間隔は1秒毎と遅いためです。
通信の間隔に対して、車体の走行速度が速いため、指示が届いた時点では違う場所に居るらしい。
来年もやるそうなので、ぜひ成功するチームが出て欲しいですね。
20161023_gps_app_1 20161023_gps_app_2

最後にお土産として、茄子を頂きました。
20161023_gps_eggplant
当日の様子は、YouTube で公開されています。
3時間あるので、心して見てください。w
なお、最初の25分くらいまで、画面が映らず、音声だけです。


GPS・QZSS ロボットカーコンテスト 2016” への1件のコメント

  1. ご見学&ブログ掲載ありがとうございました。

    来年は是非ご協力よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です