さくら IoT – 温湿度センサー HDC1000


さくら IoT と 温湿度センサー HDC1000 で温湿度を観測する

ハンズオン資料
さくらインターネットから、ハンズオンの資料が公開されています。
http://www.slideshare.net/sakura_pr/ss-64599802

センサーとして HDC1000 を、WebSocket クライアントとして node-red を使っています。
HDC1000 は、秋月電子で販売されています。
HDC1000使用 温湿度センサーモジュール

いくつか気になったことがあります。
(1) HDC1000 の +V を Arduino の 3.3V に接続している。
Arduino は 5V 動作なので、HDC1000 も 5V にすべきでしょう。
(2) node-red のインストールを、すべて root ユーザーで行っている。
yum 以外は、一般ユーザで設定できますね。
(3) node-red での動作確認が WebSocket を受信するところまでです。
これは、時間の関係かもしれないが、もうちょっとやりたいですよね。
WebSocket の受信だけなら、WEBブラウザーでも出来るし。
拙作の javascript 版

今回やったこと
HDC1000 のデータを node-red で受信するところまでは、資料と同じです。
その先として、グラフ表示をしてみました。

環境は、CentOS ではなく、MAC で構築しました。
インストールは、下記を参考にしてください。
brew で node をインストールする
MAC に Node-RED をインストールする
Node-RED でグラフ表示をする

センサ側
HDC1000 を通信モジュールに接続する
20161013_sakura_hdc1000

node-red の処理
WebSocket の受信から、http 出力にする flow がわからなかったので。
いったん、WebSocket で受信したデータをファイルに保存しました。
ファイルを読み出して、http 出力に結びつけました。

Flow
Flow は Github で公開しました。
20161013_sakura_flow

parser
WebSocket で受信したデータを cvs 形式にする
コード parser.js

text
一番新しいデータが、上になるように、逆順に並び替える
コード text.js

temperature、humidity、count
最新の100個のデータを、グラフ形式に変換する
コード temperature.js

結果
20161013_sakura_temperature


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です