さくら IoT で温度・湿度を観測する


20160701_sakura_iot_system

さくらの IoT Platform さくらインターネットが提供するIoTプラットフォームサービスです。
前回 は、基本的な確認ができたので。
今回は、実用的なものを作ってみました。
センサーのデータ (温度・湿度など) を、さくらの IoT を経由して、WEB にてグラフ表示します。
作ったプログラムは Github で公開しました。

まず、センサー部です。
センサーボード として、以前作ったものを使います。
温度、湿度、気圧などが測定できます。
20160701_sakura_iot_sensor_board

Arduino にセンサーボードとIoT通信ボードを接続します。
Arduino のスケッチ を作成します。
Arduino に書き込みます。
Arduino の電源を入れると、さくらの IoT サーバーに送信されます。
データは、さくらの IoT コントロールパネルに表示されます。
これで、センサー部は完成です。

続いて、サーバー部です。
今回のアルファ版では、さくらのクラウド 2万円分チケットも付いていました。
ありがたく使わせて頂き、さくらのクラウドで新規にサーバーを立てました。
サーバーのプログラム を作成します。
主要部は、Python Flask で記述しました。
さくらの IoT Platform から来たデータを、いったんデータベース(MySQL) に格納します。
データベースから読み出し、Google Chart でグラフ表示します。
これで、サーバー部は完成です。

自宅で1日ほど運用したものが、下記に示します。
ここのところ、毎日30度を超えて暑いですね。
寝る前に、クーラーを入れたので、そこだけ温度が下がってます。
20160701_sakura_iot_graph


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です