さくらIoT通信モジュールを試してみた


さくらの IoT Platform は、さくらインターネットが提供するIoTプラットフォームサービスです。
α版テスターの公募があったので申し込んでみたところ、6月頭に通信モジュール・キットが送付されてきました。

通信モジュール・キット
送付されたのは、アルミの箱が1つでした。
201618_sakura_iot_case

何の説明もついていなかったので、まずは、ねじ回しで箱を開けます。
中身は、下記のものでした。
・通信モジュール SORACOM SIM 版 x 1個
・通信モジュール Softbank SIM 版 x 1個
・接続ケーブル x 2本
・棒形アンテナ x 2本
・アンテナケーブル x 2本
・板型アンテナ x 1個
・さくらのクラウド 2万円分チケット x 1枚
・シール x 1枚

通信モジュールは、モデムボードとデバイスボードが一体になり、SIMカードが挿入されています。
モデムボードは CEREVO 製で、デバイスボードは ABiT 製です。
20160618_sakura_iot_softbank 20160618_sakura_iot_soracom 20160618_sakura_iot_abit

マニュアル
さくらの IoT プラットフォーム 利用マニュアル – PDF販
さくらのIoTプラットフォーム 利用マニュアル – github

物理インターフェイス
電源は5V系です。
UART、SPI、I2C の3つの口を持っていますが。
どれか1つ接続すれば、OKです。

Arduino との接続

Sakura IoT Arduino
1 UART TX (O) D8 or D0
2 UART RX (I) D9 or D1
3 GND GND
4 SPI MOSI (I) D11
5 SPI MISO (O) D12
6 SPI SCK (I) D13
7 SPI CS (I) D10
8 GND GND
9 I2C SDA (I/O) SDA (A4)
10 I2C SCL (I/O) SCK (A5)
11 GND GND
12 +5V +5V

ソフト・インターフェイス
さくらインターネット から、Arduino用の SPI と I2C のサンプルコードが公開されています。
SakuraAlphaArduino

UART については、解説を書いた人がいます。
さくらのIoT通信モジュールのUARTの使い方

試してみる
(1) コントロールパネルの用意
さくらインターネットのアカウントを作成します。
IoT Platformのコントロールパネルにて、通信モジュールを登録します。
サービスとして「WebSocket」を作成します。
20160618_sakura_iot_control_top

(2) 通信モジュールの用意
通信モジュールに、棒型アンテナと、Arduinoを接続します。
パソコンにUSBコネクタを差して給電します。
5分ほどすると、コントロールパネルの表示が「オンライン」に変わります。
20160618_sakura_iot_wiring

(3) Arduinoの用意
サンプルコードの SakuraAlpha_I2C あるいは SakuraAlpha_SPI を Arduino に書き込みます。
コントロールパネルは、下記のようになります。
20160618_sakura_iot_control_data

Arduino のシリアルモニタは、下記のようになります。
20160618_sakura_iot_monitor

クライアントの作成
WebSocket のクライアントを作成します。
接続先は、コントロールパネルに表示されています。

wss://secure.sakura.ad.jp/iot-alpha/...

データは、下記のようなJSON形式です。

{"module":"xxx","type":"channels","datetime":"2016-06-18T07:43:55.024301691Z","payload":{"channels":[{"channel":0,"type":"I","value":1},{"channel":1,"type":"I","value":1},{"channel":2,"type":"I","value":1}]}}

keepalive もやってきます。

{"type":"keepalive","datetime":"2016-06-18T07:45:23.06614438Z"} 

実行結果

type: channels
datetime: 2016-06-18T17:12:18.391885263Z
module: xxxx
channel: 0 type: I value: 44
channel: 1 type: I value: 44
channel: 2 type: I value: 44

type: keepalive
datetime: 2016-06-18T17:12:19.97128196Z

コードは Github で公開しました。

参考
さくらのIoT Platformを試してみた
さくらのIoT Platform α で作ったもの
さくらのIoT通信モジュールのUARTの使い方
さくらのIoT Platform α – mbed


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です