ラズパイ PythonでLED点滅


20160510_raspi_led

ラズパイで Python プログラムで LEDを点滅します。
Python の GPIO 制御として、RPI.GPIO を使用します。

P11(GPIO17) と P6(GND) の間に、LEDと1kΩの抵抗を直列に入れます。
20160510_raspi_led_gpio17

rpi_led_blink.py

import RPi.GPIO as GPIO
import time
PIN = 11
INTERVAL = 1
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
GPIO.setup(PIN, GPIO.OUT)
try:
	while True:
		GPIO.output(PIN, GPIO.LOW)
		time.sleep(INTERVAL)
		GPIO.output(PIN, GPIO.HIGH)
		time.sleep(INTERVAL)	
except KeyboardInterrupt:
	pass
GPIO.cleanup()

GPIO.setwarnings
すでにGPIOを使っている場合に、下記のようなワーニングが出力されます。

RuntimeWarning: This channel is already in use, continuing anyway.

TESTING A CONNECTED LED IN PYTHON にある GPIO.setwarnings(False) は、これを出力しないように抑止する設定です。
なくても、ワーニングが出るだけなので、気にしない。

参考
CONNECTING AN LED WITHOUT A BREADBOARD
TESTING A CONNECTED LED IN PYTHON
RPi.GPIO basics 3 – How to Exit GPIO programs cleanly, avoid warnings and protect your Pi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です