ラズパイ Sumobot Jr


20160505_raspi_completion

Arduino に続いて、ラズパイで Sumobot Jr を制御します。

部品
Raspberry Pi 2 B
モバイルバッテリ
・連続回転サーボ SM-S4303R x 2個
16mm ボール
・ネジとナット M2.6x10mm x 12本、M2.6x15mm x 2本
・結索バンド 20cm x 2本
・ゴムバンド #25 3mm幅 x 2本
・線材 少々

加工品
レーザー加工機
・車体 (設計データ) Arduino版と同じです
20160501_sumobot_laser_body

3Dプリンタ
・ボールキャスタ (設計データ) Arduino版と同じです
20160501_sumobot_3d_printer_ball_caster

サーボの動作確認
サーボが所望の動作をするか確認します。
特に、停止を指定したときに、ちゃんと停止しているか。

参考
ラズパイ WiringPi 連続回転サーボ
ラズパイ 連続回転サーボ

車体の組み立て
車体の作り方は、Arduino版 と同じです。
違うのは、上板に Arduino ではなくラズパイを固定すること。
20160505_raspi_upper

配線
20160505_raspi_curuit

(1) オスとメスのジャンパー線を半田付けして、オス2口とメス1口のジャンパー線にします。
20160505_raspi_wiring

(2) モバイルバッテリーを車体に入れます。
モバイルバッテリーの上下に厚紙を入れると、ほどよい感じで固定されます。
20160505_raspi_battery_back

(3) ラズパイと2個のサーボを結線します。ラズパイとモバイルバッテリーを結線します。
20160505_raspi_battery_wire

プログラム
ラズパイにプログラム sumobot_turn を設定します。
電源を入れます。
Sumobot Jr が左回転と右回転を繰り返せば、OKです。

課題
スペーサが3mm厚では足りなかった。
10mmくらい必要です。

(1) 上板にラズパイを固定すると、コネクタの足があたり、基板がしなります。
どうやら、木材のスペーサだと、締め付けると、潰れるようです。
20160505_raspi_problem_1

(2) ラズパイに電源ケーブルを挿す時に、横板が邪魔になり、ケーブルが挿さりません。
応急処置として、横板を切断しました。
20160505_raspi_problem_2_2

YouTube Preview Image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です