Bluetooth シールドの基板を作る


概要
Eagle と Sevenmini を使って、Arduino の Bluetooth シールドの基板を作ります。
Bluetooth は、JY-MCU BT BOARD を使用します。
動作確認のために、LEDやスイッチや半固定抵抗も搭載します。
基板作成の手順は、Eagle と Sevenmini を使って電子基板を作る を参照してください。

データは GitHub で公開しています。

Eagle 側の作業
(1) 回路図 (sch) とボード図 (brd) を作成します。
20150408_bt_sch 20150408_bt_brd

(2) Mirror にして、ガーバーデータを出力します。
20150408_bt_gerber

FLASH 側の作業
(1) ガーバーデータを読み込みます。
ハンダ面データ (sol) を「フォト表」に、
ドリルデータ (drd) を「穴」に、
外形データ (out) を「外形表」にします。
(2) 輪郭線抽出を行います。
20150408_bt_flash

Sevenmini 側の作業
(1) 配線の加工
基板を両面テープで固定します。
ミリング用のエンドミルを取り付けます。
CAM-Circuit2 アプリから加工を指示します。
(2) 穴の加工
ドリル用のエンドミル 0.6mm に交換します。
CAM-Circuit2 アプリから加工を指示します。
(3) 外形の加工
今回は基板をそのまま使い、加工せず。
20150408_bt_sevenmini 20150408_bt_pcb

ハンダ付け
(1) 表面の配線を行います。
(2) 部品をつけて、裏面をハンダ付けします。
20150408_bt_front 20150408_bt_rear

動作確認
(1) Arduino にエコーバックのスケッチを書きます。
(2) 通信相手は Android の BT terminal を使用します。
(3) Androidで入力した文字がエコーバックすれば、OKです。

課題
(1) タクトスイッチが USBコネクタ の上にあり接触しそう。
(2) BT BOARD のピンソケットの足が長くなり、機械強度が心配。
こういう実装になったのは、BT BOARD がL型ピンヘッダを使っているため。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です