JY-MCU BT BOARD の動作確認 – 安定性


JY-MCU BT BOARD の動作確認 – Arduino にて、基本的な確認はできたので、
細かいところも確認します。

20150313_bt_arduino_stability

安定性
Android 端末から連続してデータを送信します。
Arduino に、BT BOARD から受信したデータをエコーバックするスケッチを書きます。
Android 端末で正しく受信したかを確認します。

電気的な接続
BT BOARD は 3.3V信号で、Arduino は 5V信号です。
直結でも動作しますが、レベル変換を行います。
5V -> 3.3V 方向は、過電圧が気になるので、抵抗分割を入れました。
3.3V -> 5V 方向は、スレッシュホールドが気になりますが、レベル変換を行わず、直結しました。

ボーレート
BT BOARD は、デフォルトは 9600 bps です。
ATコマンドでボーレートの変更ができます。
例:115200 bps を設定する

AT+BAUD8

Arduino のハードシリアルの最高速度である 115200 bps を試してみましたが、安定して動作しました。

ソフトシリアル
Arduino のソフトシリアルやAltSoftSerialを使用して、BT BOARD と接続して、安定して動作するか確認しました。
ソフトシリアルは、文字化けが多く、実用に耐えません。
AltSoftSerialは、9600bps では安定して動作しましたが、115200bps では文字化けが発生しました。

9600 115200
ハードシリアル
ソフトシリアル × ×
AltSoftSerial ×

参考
3.3V系-5V系デジタル回路の簡易レベルシフト回路
BluetoothChat の問題と対策
Arduino ソフトシリアルの検証
Arduino AtlSoftSerial の検証


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です