Eagle と Modela を使って電子基板を作る その4


2014128_pcb_test

概要
Eagle は電子基板を作成する CAD ソフトです。
Modela は、Roland 社の切削加工機です。
今回は ファブラボ・メルボルンの手法 を部分的に適用してみました。
題材は、7セグ LED の Arduino シールドです。

EagleデータとArduinoスケッチは GitHub で公開しています。

Eagle 側の作業
(1) 回路図 (sch) とボード図 (brd) を作成するところは、ほぼ同じです。
配線を太くしたり、PADを大きくしたりします。
20141227_eagle_sch 20141227_eagle_brd

(2) fablab-mill-n-drill.ulp を使って、ミリング (配線パターンの外形線) とホール (穴) のデータを作成します。
なお、ホールのデータは、小さいので、目視しにくいです。
20141227_eagle_milling

(3) ミリングとホールをひとつにして、dxf 形式でファイルを出力する。
このとき、左右反転 (Mirror) します。

Dr.Engrave 側の作業

1. 配線のと穴の加工
(1) データの作成
配線と穴の dxf ファイルを import します。
残念ながら、大きさの情報は無視されてしまいますが。
bitmap から外形線を抽出するのに比べて、dxf では鮮明な外形線が保持されます。
グリッドを表示して、外形に合わせて、リサイズします。
2014128_engrave

(2) Modelra に 1/64 のエンドミルをつけます。
(3) 加工を指示します。

2. 外形の加工
(1) 配線と穴のデータから、配線と穴を削除して、外形のみにします。
(2) Modelra を 1/32 のエンドミルに変えます。
(3) 加工を指示します。
2014128_milling

穴あけ
(1) 基板を Modela からはずします。
(2) 机に基板を固定します。
(3) ミニドリルに 0.8mm のドリル歯をつけて、穴をあけます。
ピンヘッダには、少し小さいので、穴を大きくなるようにグルグリします。
2014128_dirill

基板の研磨
(1) 基板の縁を平ヤスリで削ります。
(2) 基板の銅箔面を荒い紙ヤスリで磨いて、表面のギザギザをとります。
(3) 銅箔面を研磨剤で磨いて、ハンダが乗りやすいように、表面を滑らかにします。
2014128_polish_2

ハンダ付け
(1) 部品をつけて、裏面をハンダ
付けします。
2014128_pcb_rear 2014128_pcb_front

動作確認
(1) Arduino に今回作った基板を載せます。
(2) Arduino にスケッチを書き込みます。
(3) 全てのセグメントが点灯すれば、OKです。

Arduino スケッチ
000 から 999 まで 0.1秒刻みでカウントアップする 10秒タイマーです。
スケッチには、各セグメントを1つづつ順番に点灯するモードも含まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です