Fab蔵 オープンディ


2014年6月15日(日) に会津若松市で開催された Fab蔵 オープンディ に行ってきました。
Fab蔵の建物はその名のとおり「蔵」です。
江戸時代から続く漆器屋「布分」の敷地にあり、昔は漆器職人の作業場だったそうです。
20140615fabkura_kura20140615fabkura_info

オープニング・イベントには、30名ほど集まりました。
責任者の佐々木さんが会津大学の出身ということもあり、会津大学の関係者や、現役の学生も参加していました。
20140615fabkura_opening20140615fabkura_maeda

オープニングは、室井 会津市長の挨拶から始まりました。
布分の佐藤社長から、漆塗りの作品が紹介されました。
漆塗りというと木というイメージがありましたが、最近はガラス、金属、プラスチック、PETなど様々な素材にもチャレンジしているそうです。
デザイニウム の前田社長から、キネクトを使ったプロジェクション・マッピングなど、新しい技術を使ったビジネスの実例が紹介されました。
最後は、お待ちかねの日本酒の乾杯です。
Fab蔵の隣が 末廣酒造 ということで、振る舞われた酒も 末廣 でした。
その後で、レーザカッタや3Dプリンタの実演が行われ、終止 和やかな雰囲気でした。

終了後は、車座になって、大宴会。
20140615fabkura_party20140615fabakura_cup

機材
レーザカッタ MERCURYⅢ
20140615fabkura_laser

3Dプリンタ CellpCubeThing-o-Matic
20140615fabkura_3d_printer

ペーパーカッタ CAMEO
20140615fabkura_paper_cutter

ミリングマシン
20140615fabkura_milling

リフローマシン
20140615fabkura_reflow

参考
ハイテク工房「Fab蔵」開所 若松に市民の“もの作り拠点” – 福島民友


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です