Chrome Apps を試す (Serial ledtoggle)


20140303chrome_serial_led

Chrome Apps から USB シリアルを操作する
Chrome Apps の大きな特徴として、PCのハードを制御できるようになっている。
サンプル にある serial / ledtoggle を試す。

準備
(1) Arduino の13番ピンにLEDをつける。
(2) Arduino と MAC を USBケーブルで接続する
(3) Arduino のサンプルにあるスケッチを書き込む。

ソースの変更
Chrome Apps のソースを1カ所変更する。
USB シリアルのデバイス名を変更する。

main.js

// const DEVICE_PATH = '/dev/ttyACM0';
const DEVICE_PATH = '/dev/tty.usbmodem***';

USB シリアルのデバイス名はコマンドで取得する。

$ ls /dev/tty.*
/dev/tty.Bluetooth-Modem	/dev/tty.Bluetooth-Serial-2
/dev/tty.Bluetooth-PDA-Sync	/dev/tty.usbmodem***
/dev/tty.Bluetooth-Serial-1

アプリの確認
coennected to : /dev/tty.usbmodem*** と表示される。
「Press me」を押すと、Arduino の LED が点灯する。
20140303chrome_serial_app


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です