Android 4.4 で追加された API


Packages
(1) android.nfc.cardemulation
NFCホスト機能がサポートされました。

(2) android.graphics.pdf
PDFが生成できるようになりました。

(3) android.print android.printservice
アプリから印刷できるようになりました。

(4) android.transition
SceneTransition という仕組みが提供されたました。
Scene は、その階層中の View および View が持っているレイアウトなどの値をカプセル化したものです。
Transition は、新しい Scene が入力される場合に生じる変更を自動的に活性化する機構です。

Classes
(1) hardware ConsumerIrManager
家電向けの赤外線を操作するクラス

(2) hardware VirtualDisplay
仮想ディスプレイを表現します。

(3) app AppOpsManager
「アプリの操作」を追跡するための対話型のAPI

(4) app Notification.Action
ユーザが選択したアクション(アイコン、ラベル、PendingIntentなど)をカプセル化する。

(5) content SyncRequest

(6) content UriPermission
単一の Uri パーミッシンの記述

(7) graphics Path.Op
2つのパスを組合せる場合の論理演算。

(8) location SettingInjectorService
アプリの設定リストにプレファレンスの状態を挿入します。

(9) media AudioTimestamp
オーディオ・ストリームに関連するフレームの位置をグループ化する構造。

(10) media Image
MediaCodec のようなメディア・ソースとともに使うためのイメージ・バッファー。

(11) media ImageReader
ImageReader クラスは、Surface にレンダーされたイメージデータへ直接アクセスすることを許可します。

(12) media MediaMetadataEditor
RemoteControlClient によって公表されたメタデータを編集し格納するための抽象型クラス。

(13) media Rating
コンテンツのメタデータとして使用した評価の情報をカプセル化するクラス

(14) media RemoteController
RemoteController クラスは、メディアの再生をコントロールし、表示し、メディアのメタデータおよび再生状態を更新するために使用されます。

(15) media ResourceBusyException
ハードウェア・リソースが利用可能でない時に、MediaDrm で保護されたものに対する操作が試みられときに、発生する例外

(16) media LoudnessEnhancer
LoudnessEnhancer は、オーディオの低音域と高音域を増加させるオーディオ効果です。

(17) android Visualizer.MeasurementPeakRms
ピークとRMS(実効値)の値を格納するクラス

(18) provider DocumentsContract
ドキュメント・プロバイダーとプラットフォームの間のコントラクトを定義します。

(19) provider DocumentsProvider
ドキュメント・プロバイダーの基底クラス。

(20) provider Telephony
テレフォニー・プロバイダーは、電話の操作、特にSMSおよびMMSメッセージと関係するデータ、および使用するMMSCを含むAPNリストへのアクセスを含んでいます。

(21) renderscript ScriptIntrinsicHistogram
固有のヒストグラム・フィルタ。

(22) util ArrayMap
ArrayMap は、従来の HashMap よりメモリ効率的がよいキー・バリュー型のデータ構造です。

(23) util LayoutDirection
レイアウトの方向を定義するためのクラス。

(24) view AccessibilityNodeInfo.CollectionInfo
ノードがコレクションである場合に情報を備えたクラス。

(25) view AccessibilityNodeInfo.CollectionItemInfo
ノードがコレクション・アイテムである場合に情報を備えたクラス。

(26) view AccessibilityNodeInfo.RangeInfo
ノードがレンジである場合に情報を備えたクラス。

(27) view CaptioningManager
ビデオのキャプションの状態と視覚的な特性に適したモニタやアクセスする方法を含んでいます。

(28) view InputMethodSubtype.InputMethodSubtypeBuilder
InputMethodSubtypeBuilder は InputMethodSubtype のビルダーのクラスです。

(29) lang AutoCloseable
一度クローズすると2度と使われないクラスのためのインターフェースを定義する。

(30) lang ReflectiveOperationException
リフレクションの関連する例外のサブクラス。

(31) lang SafeVarargs
vararg (たとえば、省略記号 (…) の引数など) が潜在的に安全でないものは何もしないとコンパイラーに伝えます。

(32) util Objects
オブジェクトのためのユーティリティ。

(32) crypto AEADBadTagException
ガロア・カウンター・モード (GCM) のような付加的なデータモードを備えた確証された暗号化 (AEAD) を使用している暗号とタグの認証が失敗したときに発生する例外。

参考
Android API Differences Report


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です