英語キーボードと日本語キーボードの違い


20130617keyboard_109

キーボードは、キーの数で分類されます。

(1) 101キーボード
英語キーボードとか、USキーボードと称されるものです。

(2) 106キーボード
日本語キーボードと称されるものです。
101キーボードに下記の5個が追加されています。
「変換」「無変換」「カタカナ/ひらがな」「半角/全角」「@」

Shiftキーを押したときのキーの意味も変更されています。
英語キーボードでは、1234567890 をシフトしたときは、! @ # $ % ^ & * ( ) になります。
日本語キーボードでは、! ” # $ % & ‘ ( ) なし となります。
その他の記号キーも微妙に違います。
(なぜここを変更したのか疑問ですね)

(3) 109キーボード
Windowsキーボードと称されるものです。現在はこれが主流です。
106キーボードに下記の3個が追加されています。
「Windows」2個と「メニュー」

参考
キー配列 – wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です