LOD チャレンジ スマホ賞 を頂きました


20130307lod
緑色の上着は、昨年の ABC東北 のスタッフパーカー。

20130307lod_group_photo

2013年3月7日 慶應義塾大学 で開催された セマンティックWebコンファレンス に参加しました。
今回は、LOD (Linked Open Data) チャレンジ の受賞者として招待されました。
応募は205作品で、そのうち30作品が受賞しました。

私は スマホ賞 を頂きました。
受賞理由は、以下のとおりです。
横浜で開催されるアート関係のイベント情報、Open Street Map に登録されているノードの情報、PinQA に登録されている情報を、主にAndroid端末及びWebアプリとして見せてくれています。様々な情報を統一的な作者の方法で表現している点を評価しました。今後のスマホ分野での活躍を期待しております。

実は下記の4つの作品で応募してます。
本当のタイトルは「たくさん応募してくれてありがとう賞」だったようです。
ヨコハマ・アート・ガイド
LGD Viewer
OSM Node Viewer
どこでもPinQA

LOD チャレンジ は今回で2回目の試みです。
昨年のエントリ数は73作品でしたが、今年は205作品と大幅に増えています。
昨年の受賞作品をみると、身内の活動を身内で表彰するという感じが強いです。
内容も、特定の研究分野のためのデータやアプリが多いです。
今年は LOD 自体をこのコンテストで初めて知りましたという人が多かったです。
また、内容も多彩で、A Little and Big WorldGIRLS FASHION LINK のようなそんな切り口があるのか、という斬新なものがありました。

私は、2010年8月に横浜で開催された 横浜ストリーム・ウェブ技術研究会 で、LOD を知りました。
その後 いくどか LOD のイベントに参加してます。
参加するたびに広がりを見せていて、今後も楽しみな分野です。

参考
Linked Open Data チャレンジ Japan 2012 受賞作品発表のお知らせ
オープンデータのコンテスト「LODチャレンジ2012」受賞作品発表 – ITPro


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です