OSM Node Viewer


osm1_main osm1_marker

OSM Node Viewer を Google Play にて公開しました。
Linked Open Data チャレンジ Japan 2012アプリ部門 a014 として応募しました。

このアプリは、 Open Street Map に登録されているノードの情報を地図に表示するアプリケーションです。 地図の中心から1km以内のノードを表示します。

ノード情報の取得には、 Linked Geo Data を利用しました。
直接ではなく、LGD Viewer をキャッシュサーバーとして利用しています。

使い方などはこちらから

ソースコードを code google で公開しています。

もう少しやりたいことを書いておきます。
(1) 背景地図を GoogleMap から OpenStrretMap にする。
(2) ノードの情報が、名称と種別だけなので、もっと情報を増やす。
(3) 地図のデフォルトの場所が「関内」固定になっているので、ユーザが変更できるようにする。
(4) 地図のマーカーの色が固定になっているので、ユーザが変更できるようにする。
(5) SDカードにキャッシュが溜まっていくので、自動的に古いものをクリアする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です