横浜ロボット部 ADK製作実習


2012年6月2日に KBIC(かわさき新産業創造センター) で開催された横浜ロボット部のADK製作実習に参加した。
http://atnd.org/events/29418

今回は、PIC版ADKを組立てて、アンドロイド端末から制御する実習です。
横浜ロボット部のメンバーが執筆した Android ADK プログラミング&電子工作バイブル の出版記念を兼ねています。
実習内容は、第5章 Androidで温度モニタリング に沿ったものです。

組立て前
基板と部品

組立て
基板のスルーホールに部品を挿入し、ハンダ付けする。
久しぶりのハンダ付けなので、最初はうまくハンダが乗らなかった。
少しずつ慣れてきて、最後に付けたピンヘッダはまずまずの仕上がり。

組立て後
PICボードの完成

ボード単体の動作確認
PICボードにLEDを接続する。
原田さんのPCから、PICにテストプログラムを書き込んで貰う。
無事にLEDが点滅した。

ADKの動作確認
PICボードに温度センサを接続する。
原田さんのPCから、PICにADKプログラムを書き込んで貰う。
原田さんのアンドロイド端末と接続する。
温度センサを指で摘むと、アンドロイド端末に表示される温度が上昇する。

完成
ブレッドボードにPICボードと温度センサを搭載する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です